So-net無料ブログ作成
検索選択

フクシマの事 [独り言]

急に季節が変化したと言いますか、夜が寒くなっちゃいまして羽毛布団を出してきたゆつきです。


書くべきか書かざるべきか悩みました。
自分自身への記録を含めひとりごとカテゴリーに書こうかと思います。
ご興味のある方のみ読んで頂ければ嬉しく。




2011年に東日本大震災が発生しました。西日本に住んでいる私はTVで流れる津波や原発のニュースを遠い国の出来事のように捉え正直実感がわきませんでした。お恥ずかしい話ですが想像できず解らなかったのです。その後、宮城県、岩手県、青森県、福島県と東北の方と数多くご縁を頂き、現地の事を聞き大変な事だったのかと後になって無関心だった自分への後悔が押し寄せてきました。


そんな中、福島県にて同業者の会合が開催され参加させていただくことになりました。


最近原発10km付近まで足を運ぶことが出来るようになったそうです。有志のメンバーで現地視察に入ることになり、私も手を挙げました。






Jヴィレッジより更に北上、そこは時間が止まっていました。




1.JPG
2.JPG
3.JPG
4.JPG

敢えて写真を載せました。
ただ、私が伝えたいことは津波の恐ろしさや、原発云々ではありません。



住んでたはずの人がいないって事です。

朝になると新聞屋さんがカブで走ってきたり、犬の散歩、通勤通学風景が無いって事です。




現地の方に話を聞きました。

風評被害と戦い続ける経営者さん、放射能の事を知らされないまま助けたい一心で原発に駆けつけた人達、放射線量の書かれた新聞を日々読んでる人達。。。その方達にご迷惑をおかけするといけないので詳細は書けませんが、人前で泣きました。同行した皆さんも泣いてました。



現地の方がこんな事を話されました。



「福島県は原発の恩恵を受けました。原発周辺地域では雇用が増えたり、○○が無料になったり皆の生活は潤いました。ですが・・・絶対安全と言われていた原発はこのような状態になってしまいました。放射線量は40年経過しても半分位にしか下がらないと聞いています。私達は目先の裕福さに目を奪われ子どもや孫の代まで迷惑をかけてしまったのです。

裕福な人は県外へ行ってしまいました。皆さんもお話を聞いた後、ご実家へお戻りになります。ですが私達はここでずっと暮らしているんです。

ニュースでは復興と称し土地が整備され建物が立ち並び、元の生活が戻ったような風潮です。私達もつらい過去ばかり囚われていてはいけない、前を向いて歩いて行かなければならないと考えています。皆、必死に未来を見据え頑張ってます。だけど・・・夏でも小学生は長袖で登校し、未だ自宅に帰れない人が多くいらっしゃる現実があります。現実に目を背け明るい話題だけ出せばいいのか、現実をお話したらいいのか。私にはわかりかねます。」



正直言葉が出ませんでした。
全く収束していない、間違っても収束しているなんて言えません。



目に見えるものは時間が経てば元通りになるかも知れませんが、目に見えないものこそ本当の復興であり絆の意味であると肌で感じました。



お金とか、建物とかとても有り難いものだけど、本当に望んでいるのは子供から大人までが安心して『日常』を送れるようになること。それが出来て初めて収束なんだなって。




IMG_3848.JPG
僅かですが復興支援。
家族で頂きましたが、本当に美味しかった!ごちそうさまです。

※福島県のお米は全量放射線量検査を行い合格したお米のみ流通しています


寡黙に生きていらっしゃる皆様の心から不安が消え、一日も早い心の復興を祈ってます。


nice!(23)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 23

コメント 16

お名前(必須)

実際 目の当たりにすると、言葉が出ない惨事ですよね。
普段生活してて当たり前のようなこの日常が二度と戻って来ないなんて・・・
色々考えさせられますね。
by お名前(必須) (2014-10-20 21:58) 

ゆつき

名無し@メル斗さん>
おっしゃる通りでした。
世の中には「俺ついてねー」と愚痴を言いながら過ごす方もいらっしゃるじゃないですか。けど朝起きて顔洗って歯磨いて飯食って、、、その当たり前の日々がないんだなぁと。今もです。

全ては書ききれていません。
気持ちを忘れぬよう書き留めてみました。
コメントありがとうございましたm(__)m
by ゆつき (2014-10-20 22:18) 

深雨

nice! ってゆうのも違うと思ったけれど
読みましたの印のつもりなので、深く考えずにぽちりしました。

フクシマもヒロシマも行ったことはないし
直接見る心の準備がまだまだまだまだできそうになく
想像ばかり膨らむから、想像は想像で激しいのです。
地震大国ニッポンに原発作っちゃダメだろ
地震発生国トルコに輸出しちゃダメだろ
小泉元首相がんばれ って思ってます。
by 深雨 (2014-10-20 22:20) 

ゆつき

深雨さん>
恐らく私のブログで最もコメントし辛いであろうと思いますがありがとうございます!

うん、普通に考えたらその通りなのですが、なぜ思考が麻痺と言いますかこうなっちゃうのか良くわかりません。単純に電気の恩恵受けてますから私も無関係ではないのですが・・・。

世の中には知らないだけで、実はとんでもない仕組みのもの他にも数多くあると考えています。私もまだまだ経験不足ですから1歩づつ考えて歩んで行きたいです(*´ω`)
by ゆつき (2014-10-21 00:18) 

たいへー

それでも時間は未来にしか進まない。
分かっているのですが、あまりにも事が大きすぎて、
私のあたまでは把握できないのが現状です。。。
by たいへー (2014-10-21 06:01) 

浜松自宅カフェ

小学生の頃から40年近く「東海地震が来るぞ!」と言われて育って
きましたし、沿岸部に住む者として他人事ではなかったですね。
東北地方はとても好きなエリアですし、偶然、石巻の公園設計に携わった
ことから一昨年秋、家族で石巻を訪れました。
家族に津波被害の現実を見せて、まさにその時が来た場合は各自の
判断で自分ができる最大のことをして欲しいと思ったからです。
また、僕らにできる継続的な支援は経済支援だと考え、極力石巻や
三陸産の食材を購入しています。
もちろん安心で美味しいものを選んでです。

地震、津波、台風、豪雨による物的損害であれば、まだ人間の時間内で
何とかなりますが放射能汚染の場合はそうも行きません。
3.11からできるだけ多くの事を学び、自分の価値観を変え、行動を変える
ことが課せられていると思います。
by 浜松自宅カフェ (2014-10-21 09:28) 

yas

震災も天候による災害も、
なにもなく不自由なく生活出来ている今の自分の環境に本当に感謝です。
朝起きて、仕事に行って帰って来て寝る。
人として当たり前のようだけど、本当はこれは凄いことなんだ。
と、最近は常に思うようになりました。
言葉で言うのは簡単ですが、本当の意味の復興を心より祈るしかないです・・・
by yas (2014-10-21 12:13) 

ゆつき

たいへーさん>
私も不勉強ですので、政治がどーだとか、義援金があーだとか
わからないです。
うん、仰るとおりですよね。
未だ来ずと書いて未来。
それでも歩むしかないんだなって思います。コメントありがとうございました(*´ω`*)
by ゆつき (2014-10-22 13:35) 

ゆつき

自宅カフェさん>
貴重なお話を聞かせていただきありがとうございます。
私も可能であれば家族に見せたいと感じました。
各自感じることは異なるでしょうが、写真やTVでは見えないものが
見えるってこと目の当たりにしました。

仰るとおり、一人ひとりが生き方を見つめなおす良いきっかけになったと感じています。少々高価でも無農薬商品を手に取ったり、畑をしているのもその流れです。私のエゴかも知れませんが、多くの人が日々の暮らし生き方を再確認して欲しいなって願ってます。
by ゆつき (2014-10-22 13:43) 

ゆつき

yasさん>
コメントありがとうございます。
はい、おっしゃる通りだと思います。
眠って目覚める保証なんてどこにもありませんしね。

目覚めて「あぁ今日も生きていいのかなぁ」って感じる事もあります(笑
病気したり天災で不自由になって初めて日常のありがたさがわかるんですよね。だから日々笑って楽しく過ごしたいなぁと考えてます(*´ω`*)
by ゆつき (2014-10-22 13:46) 

SHO

私も遠い国のコトの様に考えている1人です。

チェルノブイリの原発事故に関しては
福島の原発事故前、イロイロ調べていた時期がありました。
石棺も朽ち果てつつある現在進行形をどうするか?
30年ほど前(でしょうか?)の話がニュースにこそなりませんが
今でも問題になってる現実。。。
福島の原発については情報の隠ぺいで信用性のない情報が
多いと私の中で勝手に思っているので今は何も調べていません。

電力会社は原発に頼らないとダメな状況なのかもしれませんが
私個人の意見を言えるとするなら日本は街灯が多すぎます。
それは夜の地球を見れば一目瞭然だし
海外へ仕事に何度か行かせてもらう度にそう感じます。

どうすれば世の中が良くなるのか?なんて
言葉一つでこれからは片付けられるレベルじゃないと思います。
by SHO (2014-10-27 18:03) 

ゆつき

SHOさん>
原発も事故当初はそのままの情報でしたが今は良くわかんなく
なっちゃいましたね。私も何も調べていません。TVやネットで
調べるより現地で生きている人の声は何よりも重く感じました。

街灯もその通りですよね。
スーパーやファストファッション、安価な100円均一の店が立ち並び
ものを捨てる社会となりましたが、工場では大量の電気使用しています。
何より日本で入手できるのに地球の反対側から持ってくる事もあります。
それすら気づかんほど思考が停止しているように感じます。

言葉ひとつでは無理です。
一人ひとりが自分自身で熟考して生き方変えないといけない分岐点だと思ってます。
by ゆつき (2014-10-29 13:53) 

ツバウ

被災地に実際に足を運んでみるという経験の貴重さが分かる文章でした。

事故から3年半以上、しかもゆつきさんは福島からだいぶ離れたところで暮らしてらっしゃる。でも、実際に行ってみればいろいろ感じられる、と。

去年ぐらいにちょっと流行った言葉にダークツーリズムというがあります。災害地を観光していろいろ学ぼうみたいなものです。

オススメの本を紹介させてください。

福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4907188021/ref=mp_s_a_1_1_twi_2?qid=1415367643&sr=8-1&pi=SY200_QL40

もしよかったら手に取ってみてください。Kindleもあります。
by ツバウ (2014-11-07 22:47) 

ゆみっさ

3年前に石巻の親戚宅に行った際に見た光景そのままです。
まだ原発近くの地域では震災直後の痕が残っているんですね・・。
石巻はがれきの山もなくなり津波でやられた家も撤去が終わり、
水産関連工場などを中心に新しく建物もだいぶ建ってきて、
親戚宅の近所の去年まで雑草が生え放題だった水田も、
今年から稲作を再開していました。
しかし、駅前の商店街は震災前と変わらず、
シャッター通りのまま。
海水浴場も再開していません。
再開しても、行く気になる人は少ないですよね・・・

復興ってなんだろう?と思ってしまうこともあります。

でも、海産物は本当においしい!
やっぱり、水産関連の工場が先に復活するだけあるんだなと思います。
なので時々石巻産のお魚や加工品を買ってます。

福島とほとんど関係ないコメントで申し訳ないです・・。





by ゆみっさ (2014-11-08 20:42) 

ゆつき

ツバウさん>
拝読ありがとうございました。
おっしゃられている通りで、ネットやTVで見るのと肉眼では全くの別物だと
感じました。語弊があるかもしれませんが、くさいものにふたをするような
風潮を感じていましたが、それではダメだと感じたのが率直な感想です。

現実を受け入れ、自身の無力を受け入れ、では自分に何ができるのか?と
考えさせられる良い機会となりました。

本のご紹介ありがとうございます!!
さっそく拝見させてください(*´ω`)
by ゆつき (2014-11-09 00:34) 

ゆつき

ゆみっささん>
あやまらないでください(*´Д`)
私は仙台市に友人が数名います。
石巻の事も耳にしました。

そうなんです。
建物が元通りになっても、人の気持ちが元通りにならないと
復興じゃないと感じました。
現地の方の話を直接聞かないとわからなかったことです。

私も東北の海産物をはじめ食品大好きです。
食べ物ももちろんですが、いらっしゃる方がとても温かい方が
多い印象を受けました。
by ゆつき (2014-11-09 00:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。